中古車相場が下がるタイミング
2017.03.09

スピードメーターなんでも同じ価値のものなら、より安く買いたいものですよね。しかもそれが、元値の高いもの、例えば車であれば、なおさら安く買えたほうが嬉しいと思います。中古車は、いいものと出会えれば、憧れの車が安く買えるチャンスです。しかし同時に、相場も変動しやすく、何も知らすに買うと、同じ車でも高くついてしまうことがあります。ここでは、そんな中古車相場が下がるタイミングを紹介し、みなさんがよりお得に、お気に入りの中古車と出会えるチャンスを広げてもらえればと思います。

そもそも、中古車の価格は、需要と供給のバランスによって決まっています。つまり、人気があって数の少ない車は高値がつけられ、あまり人気がなくて数も多い車は安くなります。一度ついた価格は、売れなければ当然下がっていきます。

では、中古車の価格が下がる時期はいつでしょう。そうです、中古車の需要が落ちているとき、つまり「中古車の購入を考えている人が少ない時期」ということです。1年を通して具体的にいうと、夏と冬のボーナス前、ズバリ、5,6月と10,11月だといわれています。この時期は、お店のほうも、価格を下げてでも売りたいと思っているので、比較的交渉もスムーズに行いやすいです。

しかし、あくまでも「中古車の購入を考えている人が少ない時期」なので、お店側もあまりたくさんの数が売れる時期だとは思っていません。そのため、市場に出回っている在庫もあまり多くはありませんので、お気に入りの愛車に出会える可能性が高いとはいえないでしょう。

ここまでで、1年でいちばん安くなるのは、5,6月と10,11月のボーナス前だとお伝えしましたが、「決してよくする買い物でもないし、いちばん安くなくてもいいから、ある程度の種類の中からお気に入りを選びたい!」という人もいらっしゃると思います。そんな方にオススメなのが、「新春セール」です。もちろん、全ての車が対象ではないですが、目玉商品のほとんどは値が下がります。多数の選択肢の中から、人気の車種がお値打ち価格で買えるチャンスなので、ぜひこのチャンスを利用してみてはいかがでしょうか。

しかし、この機会に少しでも乗り遅れてしまうと、2~4月の新卒者や新社会人の車購入繁忙期と重なってしまいます。新卒・新社会人の中でも、早い人は新春セールで購入に踏み切るので、注意が必要です。中古車は基本的には一点ものです。お気に入りの車や人気の車を買い逃さないためにも、定期的にチェックしておきましょう。

▲ ページトップへ