ローン中の車の査定は可能なのか
2017.03.09

メーターローン中の車は買い取ってもらえるのでしょうか?査定でマイナス評価にならないのでしょうか?ローン返済が残っている車だからと売却をためらう必要はありません。ローンの基本的な仕組みを説明すると、代金の支払いを分割にする代わりに、所有権の名義が購入者(=車の利用者)ではなく車の販売会社やローン会社のままになっています。利用者が「車を売りたいな」と思っても、所有権が無いため、そのままでは売る事ができません。ローンを一括返済して所有権を獲得し、名義を自分に書き換え、初めて自分の車となり売却が可能になるのです。

「一括返済なんてできない、名義の書き換えも何だか難しそう」と怖気づいてしまいますが、心配はいりません。買い取り業者の多くは、ローン返済中のランドクルーザーも査定を行い、売却した際の清算も代わりにしてくれます。特にランドクルーザーのような人気車種では、ローンの有無に関わらず是非とも売ってほしいというのが業者の本音ではないでしょうか。査定額がローン残高を上回った場合・下回った場合、どのような清算方法があるのかを見ていきたいと思います。

査定額がローン残高を上回った場合、例えば査定額が400万円でローン残高が300万円の場合、手続きは非常にシンプルです。代金のうち残高相当額300万円をローン会社に返済し、残った100万円を売主に渡します。
逆に査定額がローン残高を下回った場合、例えば査定額が300万円でローン残高が400万円の場合、不足する100万円を売主が支払うという流れになります。現金での支払いができない場合は、店舗によっては新たなローンを組んでくれるところもあります。

決めておいた日にちに、車の受け渡しをして完了です。このように、ローン返済が残っている車を買い取るシステムが、大手の車買い取り業者には整っているところが多いです。高額での査定をしてもらえるように、一括査定などで比較して売却することが望ましいです。査定額がローン残高を上回れば、手元にお金も残ります。

ローン残高を上回るように高い査定額をつけてもらうには、車の状態がいいことは前提として、なるべく早く売却することが大切になっています。あなたの愛車の値段は、今日が一番高いです。ローン中の車の買い取りについても各業者を比べ、その中で高く買い取ってくれる良心的な企業を探しましょう。ローン返済中の車を売ると決めたら、まずは最初の一歩を迅速に踏み出すことが、売却では大事です。

▲ ページトップへ